スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新たな出発。

ベトナムの朝焼け


この写真は私がベトナム旅行した時、
ホテルから撮影した朝焼けの街。
あの頃、この朝焼けに
“今後どのようなことがあってもめげずに立ち向かおう”って、決意したっけ。

------------------------------

アンビリバボーという番組を見ていて、
吉田真美さんの生き方に凄く感動した。

吉田真美さんは留学中、
ケニアで足の不自由なガテラという男性に出会い、
留学を終えた帰国後も、彼と文通を続けていた。

そんな中生まれたガテラへの恋心から、
今まで勤務していた法律事務所を辞め、義肢職人に転職。
“彼にもしもの事があったら、次は私が支えたい”
そんな情熱が彼女を突き動かした。

その頃、ガテラの母国ルワンダでは内戦が勃発。

“今まで周囲の人に沢山支えてもらったから、
ルワンダに残って皆が活気付くのを手伝いたいんだ”

ガテラの母国を愛する気持ちに心打たれた彼女は
内戦でぼろぼろになったルワンダで義肢工場を設立。
負傷者に無償で義手、義足を提供した。

また、生きる希望を無くしたルワンダの障害者に
なんとか希望を取り戻させようという願いから
彼らをパラリンピックに出場させることに成功。

それ以降、日陰で生活をしてきた彼らが
今では楽しく笑いながらスポーツを楽しむようになったという。

<参考URL ルワンダ ひとつの愛>
http://www.fujitv.co.jp/unb/index2.html


----------------------------

たった一人への愛が
ルワンダという国を救った。


「この人のために何かしてあげたい」

そんな気持ちはきっと誰にでもあるもの。
だけどここまで情熱的に、愛だけの力で乗り切れる彼女は
本当に偉大で、本当に素敵な人だと思った。
そして、本物の愛を彼女は持っているんだと感じた。

それと同時に、彼女の行動力にも驚かされた。


今まで私は自分の行動力にとても自信があったけれど、
“まだまだやれる”と自分が思うってことは
きっと“まだまだやれる”んだ。
そう、彼女のように。



----------------------------

明日から本格的にプログラミングを開始します。
毎日2時間きっちりと。

私の愛は酸素も足りず、すぐに消えちゃいそうな
ちっぽけな炎だけれど
いざという時、愛する人の役に立てるように
準備運動をしておこうと思う。

義肢職人のように直に肌につけて実感したり、
看護婦のように介護したり
医者のように治療したりはできないけれど

同業者なら、仕事を手伝えるように
そうでないなら経済面で。
様々な方面から支えになりたい。
だからこそ、私は今が頑張り時。

課長に頭を下げて毎日2時間の勉強指導を頼み込んだ。
明日からきっと頭から湯気が出そうなほど悩む日々が
続くんだろうけど、好きな人をどんな形であれ
支えられている自分を思い描くことができれば

きっとそれほど辛くないはず。
スポンサーサイト

[ 2006/08/31 22:04 ] お仕事 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://fleurir1005.blog48.fc2.com/tb.php/3-6c6eb2b0

20世紀初頭から、散発的な障害者のスポーツ大会は記録されているが、パラリンピックの起源とされているのは、1948年7月28日、ロンドンオリンピック (1948年)|ロンドンオリンピック開会式と同日に、イギリスのストーク・マンデビル病院で行われたストーク・マンデビル競技大
[2007/03/29 22:14] 介護をよく見てみると
FC2カウンター
プロフィール

あっちょんぶりけ

Author:あっちょんぶりけ
☆紹介☆
28歳。
身長163.7センチ
体重61キロスタート。

第一次ダイエットでNASというスポーツジムに通い、エアロビやら水泳やらやって体重57.3キロまで落としましたが、リバウンド。元に戻すため頑張っています。

2005年12月では
78キロありました。

追記
2008/8/28の健康診断では
164.2センチ
59.4キロ

追記
2009/3/19の健康診断では
164.5センチ
59.3キロ

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。